これが伝統?! … (-________-;) ウッ・・・

画像

これが、子どもが通ってる小学校の名札っす。
9月から、この名札を使います。
が…結構 … 唖然… としたのが…
これ、台布のフェルトに、名前を彫ったプラスチックの名札を縫いつけ、さらに裏に安全ピンを縫い付けるっつう、超メンドウな名札なのです!!!

画像

ちなみにこれが裏面。

なんで、普通の名札ちゃうねん!なんで安全ピンが既についてる名札ちゃうねん!!!

私の通ってた小学校は…確かちょっと分厚い布製だったけど、校章だとか小学校名とか刺繍されていて、名前と学年、クラスを手書きするようになっていた…と思う。

ところが子どもが通ってる小学校ときたら!恐らく台布のフェルトのカラーは学年カラーらしい。それで学年を区別してるんでしょう。で、この彫った名札自体は6年間使うっつう意味なんでしょう!

でもさ、にしても何でこんなめんどうな制度やねん!!
と、友達とぼやいてたら…。

帰ってきた旦那の一言。

パパ:「お、懐かしい。けど、今フェルトか。しょぼなったなぁ」
私 :「(◎-◎;)!! もしかして、あんたらの時代からこれ???!!!」
パパ:「うん、よう縫ってもらっとった。でも皮みたいなヤツやったぞ。で、よく破れるから婆ちゃんに、皮を縫い付けてもらって補強してた。」

… だと。

…おい…。もしや、思いっきり伝統??  orz…


ちなみに、この名札は学校においておき、学校に行ってからつけ、帰るときは外すらしい。
これは最近の犯罪対策ってことか??

で、1年生の夏休みまでの名札は何使ってたかっつうと、ビニールのありがちな名札をしようしてた。けど、服につけた状態で、名前の書いた面を裏向けて見えないようなしかけの名札でした。
まだ安全ピンを付けれないから、家庭でつけてくるっていうためにでしょう。

いやぁ危ない時代になったもんだ。

…つうか…、これでええやん!!!!わざわざ変えんでも!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

もう
2018年04月03日 09:08
娘の小学校と名札が同じだ。
岐阜の小学校ですが同じことやってます。
うちの学校は学年ごとにフエルトの色が違います。
薄いフエルトを2枚縫い合わせて厚くしてるのでもっと面倒です。
そして、しょぼいです。